美白は毎日の積み重ね

美白は夏にするものだと思われている方が、少なくないものです。美白と聞くと、日焼け止めを使用しているから大丈夫と思われがちです。夏だから美白をしないとという女性も多いです。

日焼け止めは、シミの予防となるもので美白に繋がるものではありません。

スキンケアの中に美白のコスメをプラスすることが大事なのです。

美白のコスメが冬に使われにくいのはどうしてでしょうか。

美白美容液やコスメを見てみると「日中用乳液」「夜用乳液」と二種類に分かれていることがあります。

日中用乳液の役割は主に、日焼け止めです。

紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぎます。

夜用の乳液はというと、一日に浴びた紫外線をリセットする役割を持っています。

一日に浴びた紫外線をリセットするのなら、美白のコスメを冬にも使いたいものです。

使う人が少なくなるのは、美白コスメを使うと肌がカサつく女性が多いからです。

夏の肌と冬の肌では、肌が欲しがるものが違います。夏には皮脂の分泌が増えるのでサラサラとした肌に、冬には皮脂の分泌が下がり乾燥しやすいのでしっとりとした肌に。

この差が、美白は夏の物というイメージが出来た理由です。
美白のコスメはサラサラとしているものが多いので、冬には足りない栄養があるのです。

美白のコスメはサラサラしていて、冬に使うとカサつくこと・夏には紫外線が強く肌へのダメージが強いことから使う女性が少なくなっているのです。

しかし、肌の中ではいつもシミを作るメカニズムが働いています。

紫外線がシミの元になるだけではなくて、ストレスもシミの原因となるのです。せっかく夏に美白のコスメを使ってシミの元を抑えていても、使うのを休んだとたんにシミの元はムクムクと起き上がり、シミを作り始めるのです。

シミの元を眠らせておくためにも、美白は一年通して使うものなのです。夏だけ使っていても効果は半減してしまいます。
紫外線の少ない冬こそ、美白に適した時期なのです。

冬にしっかりと美白ケアをすることで、紫外線に負けない肌を作ることが出来るのです。

美白のコスメを使うと、冬の乾燥に耐えられないときもあります。

一年通して美白効果を維持したいのならば、美容液を使うことをおすすめします。

美容液はいつも使っているコスメに足して使えるので、一年通して使えます。
美白は一時的に行うものではなく、毎日の積み重ねが大事です。

一年通して使える美容液を、プラスして透明感のある肌を維持しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です